自覚症状が難しい腎臓病|恐ろしい症状が出る前に

医者

原因不明の症状

悩み

原因不明の体調不良は、自律神経失調症と診断されることが多いです。原因は心の方にあるため、内科よりは心療内科での治療が適切です。しかし原因が先天性の場合もあることに加え、原因が見えないことから誤診も多いようです。そのため、専門に研究されている医師を訪ねるのが確実なのです。

View Detail

排泄不良の病気です

看護師

気が付きにくい病気です

腎臓病は本人が気が付かないうちにさまざまな症状が発症します。進行してしまうと尿毒症を引き起こし、最終的には腎機能が著しく低下してしまいます。腎臓病の主な症状にたんぱく尿や血尿があります。通常、たんぱくや血液成分は腎臓の糸球体にて濾過されるために尿の中にたんぱくが流れたり、血が混じることはありません。糸球体や尿管、膀胱などに不具合が生じると、たんぱく尿や血尿が出る事があります。また、水分や塩分が腎臓病によってきちんと排泄されなくなると体内に水分が溜まり、むくみが生じます。塩分の排泄不良は血圧の調整ができなくなり、高血圧を引き起こします。腎臓病は20%にまで機能が低下しないと自覚症状に乏しいといわれています。

血圧調整が欠かせません

ある程度腎臓病が進行してしまうと老廃物や毒素が体内に溜まってしまい、尿毒症を引き起こします。尿毒症は循環器や消化器へ不具合が起きたり、皮膚や神経にまで症状が現れます。慢性的な腎不全になると、自分で水分や塩分を排泄することが出来なくなり、腹膜透析や血液透析を行うことで体内を調整していきます。人工透析は病気の進行をできる限り食い止め、腎臓を長持ちさせるための方法です。透析を行いながら、降圧薬を用いた薬物療法で血圧を下げていきます。糸球体の血圧を降下させることは腎機能の低下を抑制し、腎臓移植を行った際の免疫拒絶反応を軽減させるためにも大切な治療になります。糖尿病から引き起こされる場合が多いので、糖尿病治療の薬も腎臓病治療に用いられています。

緊急時のために

病棟

一般的な病院の外来受付は、遅くとも夕方には終わってしまいます。診療時間が終わってしまってから突然具合が悪くなってしまった場合、開いている病院がなくて困ってしまうことになります。でも、浦安市には夜間診療を行っている医療機関がいくつかあります。

View Detail

病院で体重を落とす

男性

内科や外科では肥満治療が行なわれており、肥満はとても危険なものとなっています。様々な病気を招きやすくなってしまうので、自分でダイエットすることが難しい場合は病院を利用しましょう。

View Detail